IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ネットワールド

事例

株式会社ネットワールド

実録:仮想化基盤統合プロジェクト 「構築コストを約50%削減」できたわけ

ガバナンスやセキュリティを確保すべくシステムを仮想化基盤に集約しても、ハードウェア面の課題に悩まされるケースが少なくない。そこで、大崎コンピュータエンヂニアリングが注目したのが運用・障害対応をシンプル化するHCIだった。

コンテンツ情報
公開日 2018/04/25 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 721KB
要約
 自治体や多種・多様な業種向けにシステムを展開してきた大崎コンピュータエンヂニアリングが注力してきたのが、ガバナンスやセキュリティの確保だ。そのため、同社ではネットワークサーバや販売管理、資産管理などの社内システムをVMware vSphereによる仮想化基盤に集約してきた。

 だが、サーバや関連機器を組み合わせて構築した仮想化基盤は物理的に複雑で、障害対応のネックとなった他、リソースの追加が迅速にできないなど拡張性にも難があったという。そこで、同社が注目したのが、VMwareの標準技術で多彩な機能が実装されているハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。拡張性の向上に加え、ベンダー固有技術が含まれていないためシステムサポートや障害時の分析もしやすい点を魅力に感じたという。

 さらに、外付けのネットワークストレージを組み合わせることで、スケールアウトとスケールアップ双方に柔軟に対応できる環境を実現した。運用効率化とコスト削減の両立にもつながったという同社の仮想化基盤刷新プロジェクトを詳しく紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。