IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ネットワールド

製品資料

株式会社ネットワールド

「これって本当にHCI?」 老舗ベンダーの考える次世代HCIを徹底解説

インフラ運用に必要なシステム全てを集約したハイパーコンバージドインフラ(HCI)。従来型HCIが持つメリットをそのままに、そのデメリットを解消する次世代型HCIの実態は? 気になるHCI市場調査結果も公開。

コンテンツ情報
公開日 2018/04/16 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 6.35MB
要約
 サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化などインフラ運用に必要なシステム全てを集約したハイパーコンバージドインフラ(HCI)。省スペース性の高さ、導入や運用管理のしやすさ、柔軟な拡張性などが注目され、近年では急速に導入が進んでいる。しかし、従来型HCIには弱点がある。

 それは、全てのシステムが1つのアプライアンスに集約されているが故、必要なリソースのみの拡張をすることが難しく、コンピューティングノードとストレージノードを同時に拡張した結果、余剰リソースやライセンスコストが生じるというケースも少なからず発生していた。さらにはリソース別に個別のバージョン管理をしたいというニーズにも向かない。

 そこで、このような課題を解消するアプローチとして、老舗ストレージベンダーであるNetAppが販売する「NetApp HCI」では、ストレージノードとコンピューティングノードの分離という手法を採用している。このHCIは、従来型製品や他の次世代型製品に比べて、どのような優位性を備えているのだろうか。本資料では、HCIを検討するユーザーが気になるHCI市場調査結果や、NetApp HCIの仕組みや導入効果をさらに詳しく紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。