IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

arcserve Japan合同会社

技術文書

arcserve Japan合同会社

Arcserveのクラウドバックアップ、6つの条件下で徹底検証

Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureを利用したクラウドバックアップ。実際に利用する場合、気になるパフォーマンスや運用コストに関する情報は意外と少ない。そこで実際に検証し、見えてきたものとは……。

コンテンツ情報

公開日 2018/02/08 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 25ページ ファイルサイズ 1.58MB

要約

 「Amazon Web Services(AWS)」や「Microsoft Azure」などのクラウドへのバックアップを採用する企業が増えている。しかし、いざ導入するとなると、どの程度のパフォーマンスでバックアップできるのか、実際の運用時にどこがボトルネックになるのかなど、疑問を感じる点も少なくない。

 そこで本コンテンツでは、定番のイメージバックアップ製品「Arcserve UDP」とバックアップ製品「Arcserve Backup」を利用して、「Amazon EC2への仮想スタンバイ、スタンバイVM起動」「Amazon EC2にバックアップ転送、データリストア」「Azureストレージに直接バックアップ、Azureサーバにリストア」などの6つの条件で、バックアップ/復旧を行う場合のパフォーマンスを検証した。

 その結果、「バックアップ運用時や復旧時のパフォーマンス」「転送時に復旧ポイントサーバを利用するかどうかによる違い」「運用コスト」などの面で、それぞれの方式に特徴的な差が出た。AWSやAzureへのバックアップ体制の構築を検討する際は、ぜひこの結果を参考としてもらいたい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。