ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

SAPジャパン株式会社

レポート

SAPジャパン株式会社

消費者主導のデジタル変革にどう備える? 最優先課題と4つの成長要因

IoT市場の拡大が進むことで、消費者は企業やブランドとの関わりをより密にしたいと考える傾向が強まっている。企業は生き残りのため、IoTを活用した消費者主導のデジタルトランスフォーメーションを進める必要に迫られている。

コンテンツ情報

公開日 2018/01/29 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.94MB

要約

 IoT市場の拡大が進んでいる。ある調査によると、2020年には、世界のIoT市場の規模は1兆3000億ドルを超え、消費者と企業がつながるエンドポイントは300億に到達するという。これにより消費者は、業種を問わず、幅広い分野の企業と新しい関係を築き始めている。消費者が望むのは、これまでよりも親密で双方向の企業とのコミュニケーションだ。

 IoTデバイスの普及は、消費者の意識の変革をもたらした。企業はこの消費者主導の新たなルールにのっとり、ビジネスを展開する必要に迫られている。その実現に欠かせないのが、多様なデータを効率的に収集し、そこから得た洞察を基に最良のカスタマーエクスペリエンスを提供するためのテクノロジーだ。

 本コンテンツは、新たなフェーズに突入した企業と消費者の関わりをテーマに、テクノロジーを活用する取り組みについて解説したシンプルな資料だ。ビジネスプロセスの再構築、AIを使った顧客動向の分析、新たな収益モデルや将来的なビジネスモデルの構築といった取り組みに、IoTソリューションはどのように寄与するのか。その一端に触れる内容となっている。

アンケート