ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

Commvault Systems Japan

技術文書

Commvault Systems Japan

ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント

急増するデータが、企業のディザスタリカバリー(DR)戦略の大きな障害となりつつある。このデータ増への対応をはじめ、現状の課題を把握することがより優れたDR戦略の実現につながる。中でも多くの企業が抱えている7つの問題点を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2018/01/10 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 3ページ ファイルサイズ 879KB

要約

 ディザスタリカバリー(DR)戦略の大きな障害となっているのが、データの急増だ。増え続けるデータ量に対応しきれず、確実に保護できないという担当者の嘆きも聞こえてくる。かといって、データ量を減らすことは容易ではない。こうしたデータ増への対応をはじめ、企業のDR環境は7つの問題点を抱えている。

 その1つが、冗長データの扱いだ。毎年20~50%のペースで増え続けるデータ量のうち冗長データが占める割合は少なくない。こうしたデータをコントロールする仕組みを取り込む必要がある。また、データ増大に対応すべくバックアップ先をクラウドに移行する企業もあるが、転送量の問題からネットワークがボトルネックになってしまう。

 こうした問題点を解決し、DR戦略を確実に実行するにはどうすればよいのだろう。本資料では自社のDR環境を見直し、改善するためのアプローチを紹介する。短時間で理解できるようにまとめられた資料なので、自社環境を見直すきっかけとして活用してほしい。

アンケート