ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ウインマジック・ジャパン株式会社

製品資料

ウインマジック・ジャパン株式会社

仮想サーバの暗号化と管理、セキュリティの懸念を効率的に解消するには?

企業でサーバ仮想化の動きが拡大する一方、セキュリティの懸念も存在する。ゲストOSのクローン悪用やマスターイメージの侵害などのリスクを解消し、重要なデータを保護できる効率的なセキュリティ手法はあるのだろうか?

コンテンツ情報

公開日 2017/12/01 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 1.82MB

要約

 企業のサーバ環境は、仮想化技術を用いた統合が急速に進んでいる。複数のサーバを集約することで複雑な構成から解放されるのはもちろん、仮想化サーバの稼働率・効率性の向上、柔軟性の向上、冗長化など多岐にわたるメリットがあるからだ。

 一方で新たな利便性は、セキュリティの懸念も生んでいる。ゲストOSのクローンは簡単に作成できるだけに悪用されやすい。また、マスターイメージを侵害されればゲストOS全てのセキュリティが低下してしまう。ゲストOSのデータ領域の消去に関しても、安全性の課題を抱えているのが現状だ。

 本コンテンツでは、こうした不安を一掃するための包括的暗号化ツールを紹介する。仮想環境全体を一括して暗号化することで、情報漏えいのリスクを未然に防ぎ、マスターイメージの安全性も担保されるという。特に仮想化のリスクに二の足を踏んでいる担当者にとっては一読の価値がある資料だ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。