ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社ジャストシステム

製品資料

株式会社ジャストシステム

マンガで学ぶ営業データ活用、SFA導入後も売り上げがアップしない原因は?

「SFAを導入したのに思うような効果が上がらない」という声をよく聞く。SFAで営業活動を可視化しても、そのデータが売り上げにつながらなければ意味がない。どこを可視化すれば売り上げにつながるのか、そのコツをマンガで解説する。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/29 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 28ページ ファイルサイズ 4.99MB

要約

 営業支援ツールであるSFAを導入し、営業活動を可視化しても売り上げが伸びるとは限らない。その原因の1つに、データ収集の範囲設定がある。SFAを導入するメリットは、収集したデータから、売り上げを伸ばすための施策を導くことにある。不要なデータまで収集していては、注力すべきポイントもぼけてしまう。

 その一方で、取引先の人間関係などのデータ化は不十分であるケースも目立つ。出身大学や交友関係は、SFAに入力することで、営業を仕掛けるべきキーマンへのホットラインも見えてくる。このようにSFAは導入した後の活用にも配慮すべきツールだ。

 本コンテンツは、前述したようなSFA導入後の活用のポイントをマンガで分かりやすく解説する。SFA導入のゴールは営業活動の可視化ではなく、それを生かしての組織としての営業力の向上だ。SFAのメリットを最大限に引き出すコツを、本コンテンツで確かめてほしい。

アンケート