ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ヴイエムウェア株式会社

事例

ヴイエムウェア株式会社

国際基督教大学が「仮想化健康診断」を実施、失敗しないHCI移行の進め方

インフラリソースの最適化には、現環境の可視化が欠かせない。仮想化環境の移行に成功した国際基督教大学においても最適化のポイントとなったのが、各リソースの稼働率を正確に把握・分析できるアセスメントサービスだったという。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/28 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 920KB

要約

 国際基督教大学(ICU)では、ITセンターを中心としてIT活用の施策を展開している。そのインフラとして冗長化した仮想化環境を構築、各システムを稼働させてきたが、運用負荷やコスト面での課題があった。

 そこで同大学は、より効率的な仮想化基盤となるハイパーコンバージドインフラ(HCI)への移行を検討することに。しかし、既存の仮想化環境は十分に可視化できておらず、コスト面の制約もある中で、環境や運用の最適化は容易ではない。パーフォーマンス上の懸念を避けるために過剰な割り当てが行われるなど、リソースとコストの無駄が発生したり、たとえハードウェアの性能が向上したとしても、同じ構成のまま機器入れ替えをするとオーバースペックになることも懸念される。

 その解決策として同大学が活用したのが、リソースごとの稼働率を正確に把握できるアセスメントサービスだ。調査の結果、仮想マシンに割り当てられたCPUの使用率は平均で1%、ピーク時でも15%にすぎず、余剰リソースがあることが判明した。この正確な把握が、新環境の的確なサイジングや製品選定に大いに役立ったという。仮想化環境の可視化がもたらしたメリットと、ICUの新環境を詳しく見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。