ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本プルーフポイント株式会社

製品資料

日本プルーフポイント株式会社

「Office 365」のメールセキュリティ、対策コストで息切れしないためには?

ビジネスでの利用頻度の高いツールである電子メールは、攻撃者にとって最高の標的となる。「Office 365」を利用する企業であれば、セキュリティとコンプライアンスを強化する新たなアプローチの採用を検討したい。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/14 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.28MB

要約

 ビジネスシーンでの利用頻度が高いコミュニケーションツールの1つである電子メールは、サイバー攻撃者にとっては最大の標的だ。近年、攻撃の手口はますます巧妙化し、メールを使ったマルウェア感染やフィッシングによる被害が増加の一途をたどっている。

 多くの企業で採用されている「Office 365」のメールホスティングサービス「Microsoft Exchange Online」には、セキュリティ、コンプライアンス、アーカイブといった防御機能が備わっているものの、多様化し、日々進化するサイバー攻撃を防御し続けるためには、より高いセキュリティ機能を付加し、Office 365を保護するのが望ましい。

 本コンテンツでは、その解決策として、Office 365対応のメール保護アプローチを提案する。これにより、安全性を確保しつつ、Office 365のアドバンテージである自由度や柔軟性、コスト効率などのメリットを引き出せる。その具体的な仕組みとは、どのようなものだろうか。

アンケート