ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本ヒューレット・パッカード株式会社

製品資料

日本ヒューレット・パッカード株式会社

サーバセキュリティの緊急課題、システムブート時を狙う攻撃をどう防ぐ?

サーバのハードウェアやファームウェアを攻撃経路とする新たな脅威は、従来のソフトウェアベースのセキュリティでは保護しきれない。システムブート前に侵入を検知し、排除できるセキュリティが求められている。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/14 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 21ページ ファイルサイズ 897KB

要約

 サイバー攻撃の対象領域は、いまやネットワークやソフトウェア、アプリケーションから物理的プラットフォームまで拡大してきた。この新たな脅威の問題は、従来のセキュリティがファームウェアやBIOSの安全を前提としていたため、その検知や排除が難しい点にある。

 その対策として注目されているのが、サーバのハードウェア自体にセキュリティを組み込むことで、システムブート前にファームウェアなどの整合性をチェックし、脅威を検知する新技術だ。脅威が発見された場合には自動的にリカバリーを行い、安全な環境に復旧するという。

 このセキュリティ機能はOSのブートプロセスの段階から監視できるため、物理レイヤーだけでなくOSレイヤーの保護もより強固になる。本資料では、この他にも不正なパーツの取り付けなどを想定したシャシーの侵入検知機能など、従来の課題を解決する次世代サーバのセキュリティ技術を解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。