ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本ヒューレット・パッカード株式会社

事例

日本ヒューレット・パッカード株式会社

データ保護と災害対策を高次元で実現、事例で見るハイパーコンバージドの魅力

レガシーデータセンターの刷新を考える企業にとって、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は魅力的な選択肢だ。データ保護と災害復旧対策に課題を抱えたアパレルメーカーの導入事例から、HCIがもたらす多大なメリットを検証する。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/07 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 301KB

要約

 オーストラリアのフットウェアメーカー「Blundstone」が抱えていた課題は、新たなワークロードの展開、バックアップ、災害からのデータ復旧にあまりにも時間がかかることだった。レガシーデータセンターはシステムが複雑化し、これらの課題を克服するためには多大な投資とマンパワーが必要だ。こうしたことから、同社のIT部門はデータセンターの刷新を決断した。

 オールインワンのハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、レガシーデータセンターの課題を一挙に解決できる特効薬だった。同社では2台のHCIをプライマリーデータセンターに、1台を災害時復旧用のリモートサイトにそれぞれ設置し、ハイパーバイザーツールでそれら全てを一元的に管理できる環境を整えた。

 本コンテンツでは、同社がHCIの優れたデータ運用効率によって、バックアップとリカバリートラフィック時間を劇的に短縮し、ワークロード展開の俊敏性を高めた方法を紹介する。レガシーなインフラの刷新を考えている企業にとって注目すべき内容だ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。