ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本電気株式会社

製品資料

日本電気株式会社

ツール活用でIT運用を改善、作業内容の収集・可視化で業務はどう変わる?

作業が属人化しがちで、時間がかかり、ミスも減らせないといった課題を抱えているIT運用現場は多い。その改善には的確な現状把握が欠かせない。IT運用現場の作業内容をくまなく収集・可視化することで、現場に負担をかけず課題の洗い出しを支援するツールが注目されている。

コンテンツ情報

公開日 2017/11/01 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 2.65MB

要約

 IT運用現場は、ともすれば手作業が多くなりがちだ。「この作業は特定のスキルを持つ担当者にしかできない」という場面が多く、しかもそれぞれの作業の段取りが複雑なため、時間がかかり、ミスも発生しやすい。作業できる特定の人材に任せてばかりいると、作業の属人化も進み、さらに状況は悪化する。

 このような個人に頼った状況のままでは、IT運用を改善できないどころか、悪化を止めることさえできない。製造現場のプロセス改善などと同様、まずは現状の運用課題を洗い出す必要がある。しかし改善のためとはいえ、既に多忙を極める現場スタッフに対しては、アンケートやヒアリング調査のための時間を割いてもらうことも難しい。

 そこで役立つのが、各人の作業内容や時間を自動的に記録する仕組みだ。現場に負担をかけることなく作業の情報を収集し、それを“見える化”することが、改善活動の第一歩につながる。本コンテンツはそうしたツールの機能や効果を分かりやすく解説したものだ。

アンケート