ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

ヴイエムウェア株式会社

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

データセンター進化の最新アプローチ、仮想化技術をどう活用すべきか?

データセンターをハイパーコンバージドインフラで刷新する手法は、技術の進化に伴って変化し続けている。本資料では2種類の移行アプローチを紹介するとともに、鍵となる仮想化製品のポイントを解説する。

コンテンツ情報

公開日 2017/10/16 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 684KB

要約

 運用の複雑化やリソース不足、最新テクノロジーの対応の遅れなどの課題を解消できるインフラとして注目される、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)。この強力なインフラにデータセンターを移行するための最新アプローチは、大きく分けて2通りがある。

 その1つが、HCIのネットワーク機能を仮想化した「統合クラウドインフラストラクチャプラットフォーム」の活用だ。パブリッククラウドでも、プライベートクラウドでも展開可能になり、ライフサイクル管理の自動化や運用の一貫性の確保が実現できる。

 もう1つが、特定のベンダーに縛られることなくサーバ製品を組み合わせて仮想化環境を構築できる「自社構築型アプローチ」だ。いずれも鍵となるのは仮想化製品の活用にある。本資料では、これら2つのアプローチと、HCIのメリットを引き出す仮想化製品選びのポイントを解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。