ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

EMCジャパン株式会社

レポート

EMCジャパン株式会社

ハイパーコンバージド検証レポート公開:製品の違いで性能はどれだけ変わる?

仮想マシンに対する高いパフォーマンス実現と運用管理の容易さから、ハイパーコンバージドインフラを導入する事案が増えている。ただしその性能は製品による違いが大きい。そこで今回は調査会社による検証レポートで実態を明らかにする。

コンテンツ情報

公開日 2017/09/14 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 25ページ ファイルサイズ 680KB

要約

 信頼性の高い仮想化基盤を求めるユーザーの声に対し、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入を進めることで高い要求に応える事案が増えている。しかし同じHCIでも製品によりパフォーマンスは大きく違いが出る。

 特にデータベースは企業システムにおいて重要な要素であるが、インフラ性能の違いによるデータベース処理性能の差は、顧客や従業員のシステム利用における満足度を大きく左右する。レスポンスが遅ければ顧客はWebサイトを離れ、従業員の社内業務効率は低下してしまう。

 そこで本コンテンツでは、2社のHCI製品に対し、テクノロジーベンチマークテストの専門企業による、パフォーマンステスト結果をまとめたレポートを公開。時間あたりのデータベース処理量や、レスポンスタイムの大きな差について確認できる。またテスト手法の詳細についても公開されており、仮想環境における最適な製品選定に有用な内容となっている。

アンケート