ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本ヒューレット・パッカード株式会社

レポート

日本ヒューレット・パッカード株式会社

オンプレミスで「IT as a service」は実現可能か? 新たなIT投資モデルを探る

企業のITの俊敏性やコスト効率を向上させるため、従来の投資モデルから、「IT as a service」と呼ばれる利用課金型のモデルへの移行が進んでいる。これをクラウド上ではなく、オンプレミスで実現する新たな運用方法の可能性と価値を探る。

コンテンツ情報

公開日 2017/09/12 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 613KB

要約

 近年、さまざまな企業が、新しいビジネスの創出やビジネス機会の拡大を目指して、デジタル変革に取り組んでいる。しかし、実際には多くのIT部門が、約8割の時間をIT運用あるいは「画一的な重労働」に費やしており、ITシステムの俊敏性やコスト効率に対する要求へ応えられずにいるのが現状だ。

 そこで、企業のITシステムのパフォーマンスを向上させつつ、リソースの割り当てと消費を強化するため、オンプレミス環境からパブリッククラウドなどへの移行が進んでいる。これは、IT投資の考え方が、従来の設備投資モデルから、「IT as a service」と呼ばれるような利用課金型のモデルへとシフトしつつあることを意味している。

 その一方で、オンプレミス環境で実現し得る高いセキュリティなどを手放せないケースも少なからず存在する。その場合は、運営費モデルの採用を諦めるべきなのだろうか。本コンテンツでは、IDCの調査に基づき、オンプレミス環境でも、キャパシティーやコストを必要に応じて増減できる新たな利用課金型の運用方法の可能性と価値を探る。

アンケート