ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

アドビ システムズ 株式会社

レポート

アドビ システムズ 株式会社

企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果

社外ドキュメントは、デジタル化の波から取り残されている領域だ。紙ベースの運用では、契約・承認の時間や保管コスト紛失のリスクなど、さまざまな面で企業は足を引っ張られることになる。その改善には、デジタル化に取り組むしかない。

コンテンツ情報

公開日 2017/08/31 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 2MB

要約

 企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みを強化する一方で、デジタル化が遅れている分野がある。契約書などの社外ドキュメントだ。調査企業IDCによれば、約80%の企業が、いまだに社外ドキュメントを紙ベースで運用しているという。

 紙ベースの運用では、契約・承認の時間やドキュメントの保管コスト、過去資料の検索性など多くの面で企業は足を引っ張られることになる。この課題を解決する方法としては、社外ドキュメントのデジタル化と、電子サインの導入が有効だ。

 本資料では、IDCの調査を通じて、ドキュメントワークフロー変革がどのようなインパクトを企業に与えるのかを電子サインの導入前後で示されるデータによって解説する。英国の老舗金融機関「The Royal Bank of Scotland」のような保守的な企業も、電子化によって顧客の増加というメリット享受している。本資料を参考に社外ドキュメントの電子化に取り組んでほしい。

アンケート