ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢

SAPのERPもIT基盤のグローバル化や効率化が進む中でクラウドでの利用が広がっているが、移行時の課題やクラウド固有の制約もあり、慎重な検討が求められる。ここでは、3つの選択肢と、自社のニーズに合わせてどう選べばよいかを説明する。

コンテンツ情報

公開日 2017/07/05 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.32MB

要約

 企業におけるクラウドの適用範囲は、かつてオンプレミスが当然とされていたようなERPにまで広がっている。代表的な製品であるSAP ERPもクラウドで利用されるようになってきているが、ERPをクラウドに移行する際の課題や、クラウド固有の制約に悩むユーザーも多いだろう。

 そこで、SAPではクラウドで利用する際の選択肢として、SAP自身が提供するクラウドERPサービスに加え、パートナー企業が提供するクラウド基盤上にSAPアプリケーションを搭載する形態も提供している。前者は、SAP独自の高速インメモリデータベース「SAP HANA」をベースにしていて、後者はPaaS型とIaaS型で提供される。

 PaaS型では、ユーザー企業の希望に合わせたSAPアプリケーションをマネージドに提供し、その運用管理までサポートする。IaaS型では、ベアメタルサーバ上でSAPシステムを構成するため、実質的には占有で利用できる。本コンテンツでは、これら3つの選択肢をどう選べばよいかを説明する。

アンケート