IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

日本アイ・ビー・エム株式会社

技術文書

日本アイ・ビー・エム株式会社

従来のBI環境がうまくいかないのはなぜか

従来のBI環境は果たして効率的といえるのか? 基幹系と情報系を統合するシングルプラットフォームの実装により、高度な情報活用を実現できるソリューションの仕組みとは?

コンテンツ情報

公開日 2009/09/10 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 465KB

要約

 BI(Business Intelligence)ツールと一言にいっても、分析、クエリ、レポーティング、ダッシュボード、スコアカード、イベント管理などさまざまなツールが存在する。部門やニーズごとにこれらのツールを異なるベンダーからばらばらに導入した結果、統合度が低く管理性の悪いBI環境に陥っていないだろうか?

 BIツールの利用が一般ビジネスユーザーにまで広がり、いわゆる「オペレーショナルBI」への需要が高まる今、各種ツールの標準化とデータ流通基盤の整備が急務となる。さらに、マスターデータ管理の実装も欠かせない。BIの構成要素であるBIツール、データウェアハウス、情報統合、MDM、これらすべてを備えた総合的な情報基盤こそ、次世代BI環境実現の要となる。本ペーパーでは、総合的な情報基盤を構築するために有効なソリューションを紹介し、その技術や機能を説明する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。