ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

KDDI株式会社

レポート

KDDI株式会社

一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?

大企業を対象とするユニファイドコミュニケーション市場では、CiscoとMicrosoftがシェアの大半を占めている。この2社が提供するサービスの違いを紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2017/04/21 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 345KB

要約

 Microsoftのクラウド版グループウェア「Office 365」に含まれているユニファイドコミュニケーション(UC)サービスとCisco SystemsのUCサービスが市場シェアの大半を占めている。

 2社のサービスの大きな違いで挙げられるのがコストだ。Office 365のUCサービスを利用すればCiscoのUCサービスよりもはるかに少ないコストで利用できる。ただし、この2社のUCサービスを比較すると、料金以外にも重要な違いがあることが分かる。本稿では、その違いと、今後は各社で発表されているUCサービスの強化計画について紹介する。

アンケート