ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日商エレクトロニクス株式会社

事例

日商エレクトロニクス株式会社

NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは

NTT西日本グループが保有する大規模DaaS(Desktops as a Service)基盤の構築と運用を担うNTTネオメイト。同社はどうやって、VDIのレスポンスを改善し、国内有数の規模のDaaS基盤を安定運用しているのだろうか。

コンテンツ情報

公開日 2017/04/21 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 2.04MB

要約

 NTT西日本グループが保有する国内有数の規模のDaaS(Desktops as a Service)基盤。ユーザー数にして約3万5000という、この大規模仮想デスクトップ(VDI)環境の構築と運用を担うのがNTTネオメイトだ。同社はどうやって、この規模のDaaS基盤を安定運用しているのだろうか。

 同社が最大の課題として取り組んできたのが、VDIのレスポンス改善だ。運用開始直後は、原因不明のレスポンス悪化がたびたび発生。その調査には多くの時間がかかるばかりか、調査開始前にパフォーマンスが回復し、再発を待つためにさらに多くの日数を要することも多かったという。

 そこで同社が採用したのが、VDI環境のリソース消費をアプリケーション単位で確認できるモニタリングツールだ。リソース状況が一目で分かるため、導入後は問題の原因を10分程度で特定可能になったという。同社がどのようにレスポンスの課題を解消し、アセスメントやサイジングの品質向上につなげようとしているのか。さらに詳しく解説する。

アンケート