ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

製品資料

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

Gmailが赤い鍵マークで警告――電子メールの暗号化が欠かせない理由

「Gmail」で時折表示される赤い鍵のアイコン。これが表示された状態で使い続けるとどうなるのだろうか? 意外と知らない鍵アイコンの意味から、Gmailの取り組みにより注目され始めたメール保護の仕組みについて分かりやすく解説する。

コンテンツ情報

公開日 2017/04/10 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 1.03MB

要約

 Googleが提供するメールサービス「Gmail」で、時折表示される赤い鍵のアイコン。その意味か分からないというユーザーは少なくないが、果たしてこのアイコンが表示されたままメールをやりとりし続けてもよいのだろうか。

 実は、Gmailではこの警告アイコンによって、メールが暗号化方式の「SSL」「TLS」によって保護されているのかどうか分かるようになっている。赤い鍵が開いた状態であれば、そのメールはSSL/TLS暗号化されていない。そのため、通信の傍受により、メールの内容を見られる可能性がある。

 このような盗み見を防ぐため、SSLサーバ証明書を用いて電子メールを暗号化する手法が「POP over SSL/TLS」と「SMTP over SSL/TLS」だ。本コンテンツでは、このGmailの取り組みによりあらためて注目され始めたPOP/SMTP over SSL/TLSについて、その仕組みとメリット、従来のメール暗号化方式「PGP」「S/MIME」との違いなどを分かりやすく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。