ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

株式会社ミロク情報サービス

製品資料

株式会社ミロク情報サービス

電子帳簿保存法の規制緩和で何が変わるのか?

2016年1月に大幅に規制緩和され、新たに運用が始まった電子帳簿保存法。国税関係帳簿や国税関係書類で必要となるほぼ全ての文書がスキャンデータで保存できるようになった。これにより、領収書などを電子化してコスト削減やペーパレス化を進める企業が増え始めている。

コンテンツ情報

公開日 2017/03/07 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 4.63MB

要約

 「電子帳簿保存法」は、国税関係帳簿や国税関係書類に対して、電子文書による保存を認めた法律だ。1998年に制定され、2005年に一部の条件を緩和する改正がなされたが、電子保存を認める対象や条件が厳しかったため、これまで普及してこなかった。

 しかし、2016年1月に適用された改正によりその適用範囲が一気に拡大した。原則としてほぼ全ての文書がスキャンデータで保存できるようになった。この他にも電子署名が不要になるなど、以前のルールで面倒だった部分が解消されたことで、法対応のメリットがさらに増した。

 具体的な活用法としては、日々の業務で発生する領収書などを電子保存し、財務会計管理システムにひも付ける形が考えられる。これにより、紙文書の保管場所や輸送費の節約などができる。本コンテンツでは中堅・中小企業でも手軽に行える業務改善方法として、システムを利用した電子帳簿保存の方法を紹介する。

アンケート