IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

技術文書

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

米国監視プログラム「PRISM」に挑むTwitter、「HTTPSを標準実装すべき」

米国諜報機関による通信監視プログラム「PRISM」の発覚に伴い、ベンダー各社は対策に奔走した。多くのユーザー情報を抱えるTwitterも例外ではない。その同社が企業に呼びかけるのが、HTTPSの実装だ。その理由と詳細に迫る。

コンテンツ情報

公開日 2017/03/21 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 765KB

要約

 米国諜報機関による通信監視プログラム「PRISM」。その存在が明らかになって以来、テクノロジー企業やオンラインサービス事業者が相次いでユーザー情報の保護に乗り出している。その1社が米Twitterだ。

 Twitterは、ユーザー情報の保護強化を目的として暗号化技術「Perfect Forward Secrecy(PFS)」を導入。現在、同社の全てのプラットフォームにPFSが実装されているという。またPFS導入と合わせてTwitterは、Webサイトの管理者に対して、HTTPSの標準実装を呼びかけている。

 なぜTwitterはPFS導入に踏み切ったのか? そもそもPFSとは何か? 本資料は、暗号化に関するTwitterの取り組みや、同社が推奨するHTTPSの実装ノウハウについてまとめた、TechTargetジャパンの人気記事を再編集したものである。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。