ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

arcserve Japan合同会社

製品資料

arcserve Japan合同会社

ハイパーコンバージド導入のベストプラン――バックアップまで最適化するには?

仮想化環境の基盤として採用が進むハイパーコンバージドインフラ(HCI)。その導入時に検討したいのが、仮想マシンの外部バックアップだ。HCIに最適な製品を導入すれば、運用の効率化だけでなく災害対策も追加コストなく実現できる。

コンテンツ情報

公開日 2017/02/28 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 3.59MB

要約

 仮想化環境の構築に必要なサーバ、ストレージ、SANスイッチが1つの筺体にコンパクトにまとまったハイパーコンバージドインフラ(HCI)。導入を支援するサービスも登場し、さまざまなベンダーの製品の中から自社に合ったものを最適な形で導入できるようになった。

 その導入の際には、HCI環境の外部バックアップを併せて検討したい。冗長性を備えたHCIといえども、システム全体の破損やランサムウェアなどによる論理障害に備える必要があるため、HCI上の仮想マシンを筐体外にバックアップする仕組みが求められる。

 そこで注目されるのが、仮想マシンにエージェントをインストールすることなく、HCI環境のBCP/DR対策まで実現するバックアップ製品だ。本コンテンツでは、HCI環境の外部バックアップに必要な3つの条件を明らかにするとともに、バックアップまで最適化・シンプル化された仮想化基盤を導入する方法を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。