ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

arcserve Japan合同会社

製品資料

arcserve Japan合同会社

ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス

従来のバックアップ導入では、サポートが十分でない中でサイジングを厳密に行ったり、ソフトウェアをインストールしたりと、手間が多く煩雑だった。こうした課題を解決できる“超簡単”で“取り放題”のバックアップ製品が注目されている。

コンテンツ情報

公開日 2016/12/09 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 1.92MB

要約

 サーバおよびストレージの運用・導入をシンプルかつ簡単に実現するハイパーコンバージドインフラを取り入れる企業が増加している。ハイパーコンバージドインフラを導入する中規模環境での事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策で、想像以上に大きな負担となるバックアップ運用管理。これまで中規模環境に適した製品がほとんどなかったことから、複数製品による複雑な構成、高額なストレージコスト、不十分なサポートで妥協していた企業も多いのではないだろうか。

 しかし、バックアップ用途に最適化した中規模環境向けのバックアップ製品が登場したことで、この状況も変わり始めている。例えば、光華女子学園は、これまでシステムごとにバラバラだったバックアップソフトをこの製品で標準化することで、毎回30~40分かかっていたバックアップのチェックを数分まで短縮している。

 本コンテンツでは、12TBの大容量、メモリ/SSDのサイジングが不要、管理コンポーネントのセットアップが不要といった特徴を持つバックアップアプライアンス製品が、どれだけのコストパフォーマンスを発揮するのかを同学園や霧島酒造の導入事例を交えつつ紹介する。

アンケート