IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

インターシステムズジャパン株式会社

製品資料

インターシステムズジャパン株式会社

非構造化データ急増時代に求められる「マルチモデルデータベース」とは

近年、非構造化データを中心にデータ量が急増している。それらを扱うことは従来のRDBMSでは困難であり、特にIT部門やパートナー企業の負荷が大きくなってしまう傾向にある。そこで注目されるのが、さまざまなデータモデルを扱えるマルチモデルデータベースだ。

コンテンツ情報

公開日 2016/10/19 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 578KB

要約

 近年、データ量の増大が進んでおり、とりわけ非構造化データが大きく伸びている。その傾向は今後も続くと予想されるが、それに伴って企業では非構造化データの扱いが課題となっている。ITシステムは主に構造化データのためのRDBMSを基盤としたものであり、非構造化データを効率的に保存・活用するためには新たな仕組みが求められる。

 しかし、非構造化データには多様なデータタイプが含まれ、それぞれに個別のデータベースを構築すれば活用や運用が煩雑になり、ビジネスの俊敏性が損なわれてしまう。今後もさらに増え続けるデータを最大限に生かすためには、構造化データも含む複数のデータタイプを単一のデータストアに集約させることが重要となる。

 このような課題を解消するのが、開発プロジェクトの煩雑さを解消する「マルチモデルデータベース」だ。本コンテンツでは、このデータベースの機能が、システムとアプリケーションの信頼性や可用性、SQLのパフォーマンスをどのように向上させるのかを分かりやすく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。