IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

インターシステムズジャパン株式会社

製品資料

インターシステムズジャパン株式会社

1000億件の観測データを処理する宇宙ミッションに採用されたデータベースとは?

約10億の天体の立体地図を作成するため、1000億件の衛星観測データを扱う「ガイアミッション」。膨大な観測データを迅速に処理するためには、十分な能力を備えたデータベース基盤が必要だ。その事前検証は試験環境を設けて膨大なデータを取り込むなど大掛かりなものとなった。

コンテンツ情報

公開日 2016/10/19 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 449KB

要約

 約10億個の天体の正確な立体地図を作成するため、欧州宇宙機関(ESA)が推進する「ガイアミッション」。人工衛星を使って宇宙空間から無数の天体を詳細に観測し、そのデータを地上に送って処理することで、高精度な天文地図を作成しようというプロジェクトである。

 このミッションの観測データは1000億件にも及ぶと想定され、その膨大なデータを迅速に処理するため、ESAはシステム基盤の選定にも注意を払ったという。特に効率的な処理を要求されるのは、メインのデータベースにあるデータを修正するために、取り込んだデータを反復的に処理する部分だった。

 そのデータベースとして採用されたのが、複数オブジェクトからなるデータモデルを効率的に扱える製品だ。本コンテンツでは、ガイアミッションのデータ処理要件や検証の様子を、実際のデータモデルや検証システムの仕様、そして検証結果も含めて詳細に解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。