ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

ホワイトペーパー

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

次世代データ分析のストレージ基盤はSDSが本命? 非構造化データ急増で再注目

IoTやスマートデバイスの活用が進む中、これまでにないタイプの非構造化データが急増している。コグニティブコンピューティングをはじめ、次世代のデータ分析ではこの非構造化データが重要となることから、その運用に適したストレージ基盤としてSDSが注目されている。

コンテンツ情報

公開日 2016/10/17 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 940KB

要約

 IoTの発展やスマートデバイスの普及により、企業が収集可能なデータはかつてないほど増大している。しかし、現在のITシステムでは、デジタル技術の進化によってもたらされた膨大なデータの88%は活用できていないという。

 だからといって、企業はこれらのデータを不要なものと見なす必要はない。近年、注目されるコグニティブコンピューティングでは、これまで活用されていなかった非構造化データも対象として、論理的な推論や継続的な機械学習を行う。これにより、複雑な問題の解決、意思決定の品質向上、新たなビジネス価値の創造といった効果がもたらされる。

 今後はこのような形で非構造化データの利用が進むと考えられるが、この流れを受けて重要性を増しているのが、非構造化データに適したストレージ基盤である「SDS」(Software Defined Storage)だ。本コンテンツでは、IT部門が抱える課題をSDSがどのように解決するのかをさらに詳しく紹介する。

アンケート