IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

技術文書

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

ハイパーコンバージドインフラの基礎解説――製品選び「8つのポイント」

さまざまなITサービスが仮想環境で運用されている中、新しいアプリケーションを運用する際に管理者が最初に考えるインフラは仮想環境であることも多い。しかし、仮想化は多くの恩恵をもたらす一方で、IT部門が乗り越えるべき課題も立ちはだかる。

コンテンツ情報

公開日 2016/10/03 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 21ページ ファイルサイズ 1.72MB

要約

 ハイパーコンバージェンスとは、データセンターに期待するパフォーマンスや安定性、可用性を損なうことなく、クラウド環境のような経済性と規模を実現できる方法だ。このコンバージェンスというトレンドは、複雑性が増加しているデータセンターをシンプルにするために生まれた。

 ハイパーコンバージェンスは、SDN、コンピューティング、ストレージコンポーネントで構成されており、ソフトウェア層に回復性を与えハードウェアの状態にかかわらずアプリケーションを使用できる。そのため、ハイパーコンバージェンスの導入でインフラに投じる初期費用や運用費、人件費を抑え、システム導入までの時間を短縮できる。組織にとっても、データセンターの各要素を管理する個別のリソースやエンジニアを維持する必要がなくなり、効率的になる。

 本コンテンツは、ハイパーコンバージェンスとは何かを説明する。なぜハイパーコンバージェンスを理解し、検討する必要があるのか。まずその概要を把握するための基本を解説する。その上で、ニーズを満たすアプライアンス製品選びの指針となる8つのポイントについても紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。