IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社日立製作所

製品資料

株式会社日立製作所

ネットワーク仮想化の導入準備から運用まで、メリットを最大化するポイントは?

ネットワークの仮想化にはさまざまなメリットがあるとされている。しかし自社の現行のネットワークアーキテクチャに関する把握が不十分なまま、強引に進めるのは危険だ。稼働後の運用を視野に入れた準備や導入のポイントを探る。

コンテンツ情報

公開日 2016/09/07 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 23ページ ファイルサイズ 2.23MB

要約

 ネットワーク仮想化には、まず自社のネットワークアーキテクチャをあらためて把握することが欠かせない。スイッチ管理の省力化、人的資産の有効活用などへの期待から、すぐに導入検討へ入るケースも目立つが、事前準備として、何度も試験的な運用を行い、メリット最大化のための具体的な施策を明確にしておくことが大切だ。

 入念な準備は稼働後の運用効率向上にもつながる。実際の製品を使ってオペレーションの確認を何度も行っていれば、サービスやアプリケーション開発者の要求にどれだけ応えられるかも予測できる。またネットワークリソースをサーバなどと同様にセルフサービスとして提供することも視野に入れ、さらにコスト低減を目指すこともできる。

 本コンテンツはネットワーク仮想化の導入や移行をスムーズに行うための各種サポートサービスや、開発部門やエンドユーザーのメリットも含めたネットワーク改革の進め方を分かりやすく解説している。またCIOやCEOの視点からの改革ポイントについても言及、幅広い層での検討資料として活用できる。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。