IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ジャストシステム

事例

株式会社ジャストシステム

属人的で情報共有ができなかったAccessを刷新、全社最適のデータ利活用が「社内説明会」で実現

各人が自分の業務に合わせ、Accessでデータベースを作成・活用する。いわゆる個別最適の例であり、当然ながら横方向の情報共有や引き継ぎが困難になる問題を抱えてしまう。これを全て刷新して「全社最適のデータ利活用」を実現した方法を紹介しよう。

コンテンツ情報
公開日 2016/09/01 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.02MB
要約
 Accessによるデータベースの利活用を行っている企業や部署は多い。しかし、複数の部門で情報共有しやすい共通フォーマットに整理されているかといえば、必ずしもそうではない。逆に各社員が業務に使いやすい設定や構造にしているケースの方が多い。重要な情報のブラックボックス化が起き、異動や退社で引き継ごうとしても、メンテナンスに余分なコストが掛かることになる。

 柔軟性が高く、しかも迅速に情報を共有でき、多様な業務にも対応できるデータベースソフトを選定することは難しい。本ホワイトペーパーは、この問題に直面した奥野製薬工業が、社内のAccessを全て刷新し、新しく全社最適のデータ利活用サイクルが回るまでを追った事例だ。従来では不可能だった細かいアクセスコントロールや、新規情報のメール一斉通知など有用な機能が手に入り、それらの活用を大きく後押ししたという「社内説明会の開催」の秘密が解き明かされている。