IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社フロムスクラッチ

製品資料

株式会社フロムスクラッチ

マーケティングオートメーション徹底解剖――B2Cで多くの企業が失敗する理由

B2C向けのマーケティングオートメーションツールである「クロスチャネルキャンペーンマネジメント」(CCCM)の導入に失敗する企業が後を絶たない。そこで、失敗の原因から、より自動化の進んだB2Cマーケティング基盤を構築する方法を探る。

コンテンツ情報
公開日 2016/08/23 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 36ページ ファイルサイズ 3.3MB
要約
 一人一人の顧客に最適化したマーケティングを行うためのツールであるマーケティングオートメーションには、B2B向けとB2C向けの2種類が存在する。B2C向けは「クロスチャネルキャンペーンマネジメント」(CCCM)と呼ばれ、B2B向けとは目的などが異なる。

 CCCMの目的は、サービスや商品を購入または試用した顧客に対して、さらに興味・関心を育成し、本購入や別商品の購入、リピート購入などにつなげることだ。このCCCMにはさらに3種類があり、一般的には、他社ツールとの連携/接続を前提とした「インテグレーション型」を指してCCCMと呼ぶことが多い。

 しかし、このインテグレーション型には、マーケティングの自動化に必要な機能が全て備わっていないことから、導入に失敗する企業も少なくない。そこで、本コンテンツでは、失敗に至る理由を明らかにし、自動化、運用コスト、データ統合、サポートなどの面から、より多くの成果を引き出すB2Cマーケティング基盤の可能性を探る。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。