IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社日立製作所

レポート

株式会社日立製作所

データベース統合の実現に、ネットワークサーバとハイブリッドストレージの垂直統合という選択

近年、サーバ、ネットワーク、ストレージの統合によりハードウェアのコスト削減が可能になった。また、ソフトウェアでも独立したハードウェア上で稼働しているデータベース(DB)の負荷を1つの基盤に統合できればコストを削減できる。その効果を検証してみる。

コンテンツ情報

公開日 2016/01/12 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 27ページ ファイルサイズ 2.57MB

要約

 従来、ITシステムでは業務、地域、部署ごとにDBを設置していたため、新規導入や更新に際してサーバ、ストレージ、ネットワーク、OS、DBのシステム設計コストなどの費用が発生してきた。また、運用面でも電気代、設置場所、資産管理などの費用が発生する。DBを統合すれば、サーバ、ストレージ、ネットワーク、OSが1つのシステムとなるため、更新時期が明確になり、予算計画が立てやすくなる。設置場所も1カ所となり、運用ポリシーや設定ポリシーが共通化できるなどのメリットもある。

 ただし、統合によりシステム自体の重要度が増す。このため、統合による負荷の増大に十分耐えられるパフォーマンスが必要であり、可用性にも配慮する必要がある。

 本ホワイトペーパーは、異種ベンダーのネットワークとストレージのハードウェア垂直統合基盤の構成によるDBの統合について紹介している。設計指針、製品・機能、性能検証結果を紹介し、可用性、運用管理性、DB性能などで十分な成果が得られ、コスト削減にも効果が表れたことを示している。効果の詳しい内容については、ぜひ資料を確認してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。