IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ホワイトペーパー

デル株式会社

講演資料

デル株式会社

Hyper-V仮想化環境の可用性を高めるベストプラクティスとは?

Hyper-V仮想化環境の可用性を高めるには、Windows Server 2008フェイルオーバークラスタリングと組み合わせて運用する必要がある。そのための推奨システム構成や、ベストプラクティスを紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2008/12/11 フォーマット PDF 種類 講演資料
ページ数・視聴時間 34ページ ファイルサイズ 2.83MB

要約

 企業システムで本格的にHyper-Vを運用する際には、Windows Server 2008フェイルオーバークラスタリング環境下で仮想マシンの可用性を確保する必要がある。では、具体的にはどのようなハードウェア/ソフトウェア構成を採ればいいのだろうか?

 本ホワイトペーパーでは、2008年12月11日に開催された「@IT 仮想化ソリューションセミナー」にて、「Hyper-V高可用性環境の実装方法と推奨構成のご紹介」と題して行われた講演の資料を紹介する。計画停止時に用いる「Quick Migration」機能も含めた、Hyper-V環境に導入可能なHA(高可用性)オプションを各種提示するとともに、デルのハードウェアを使用したHyper-V高可用性環境の推奨構成やベストプラクティスについて解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。