IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

NTTコミュニケーションズ株式会社

製品資料

NTTコミュニケーションズ株式会社

BYOLでムダなし移行、Oracle Databaseのクラウド移行のポイントとは?

クラウド移行によるIT運用コストの削減を検討する企業にとって、可用性やリソースの性能と併せ、Oracle Database等の基幹系システムの扱いは大きな課題だ。そうした課題に対して、円滑なクラウド移行をサポートできるホスティングサービスのメリットを明らかにしてみたい。

コンテンツ情報

公開日 2015/10/21 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 2.25MB

要約

 企業にとってビジネス環境の変化に柔軟に対応するITインフラ整備は、重要な経営課題の1つだ。クラウド移行による運用コスト削減を模索する企業は多いが、オンプレミス利用時と同様の利用規模・パフォーマンス・可用性の確保、保有するOracle Databaseライセンスの有効活用といった課題に悩むことも多い。

 本ホワイトペーパーは、こうしたクラウド移行に関わる課題のうちOracle Databaseに関して有効な対策となるサービスを提供中の「Enterprise Cloud」の解説である。

 EE RACまで含めた幅広いラインアップの紹介をはじめ、Enterprise Cloud上でOracle Databaseを利用するメリット、ライセンス持ち込み(BYOL)活用例といったポイントについて具体的に述べている。さらに2016年3月末まで実施中の最大2カ月間無料で利用できるキャンペーンについても紹介されており、Oracle Databaseのユーザーや現在導入・見直しを検討中の担当者には、詳しい内容についてぜひ確認してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。