IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

製品資料

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

「セキュリティ対策の矛盾点」パブリッククラウドを本当に守るためには

パブリッククラウドのサービス事業者はインフラの安全において責任を持つが、個々のユーザーがクラウド上で展開するアプリケーションのセキュリティについては、ユーザー自身が対策を講じるしかない。そのセキュリティ対策に抜け穴は無いのだろうか。

コンテンツ情報

公開日 2015/08/14 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 29ページ ファイルサイズ 4.3MB

要約

 クラウド総研の調査によれば、パブリッククラウドを利用する企業の7割が「セキュリティ対策は十分」だと回答している。しかしその一方で、既に2割の企業がパブリッククラウド上でセキュリティ被害を受けたと回答している。

 対策済みとして挙げられたセキュリティ対策のトップは「ウイルス対策」、次いで「不正アクセス禁止」「ログ管理」となっている。しかし、仕掛けられる攻撃のトップ3は「標的型攻撃」「アカウント情報流出」「機密漏えい」であり、既に対策済みのセキュリティ対策だけでは、クラウド上で発生するセキュリティ被害を防ぐことができないのが現状だ。

 本ホワイトペーパーは、クラウドセキュリティにおける対策と実際の攻撃手法との矛盾点を説明し、Amazon Web Service、Microsoft Azure、VMware vCloud Airなどで活用できる効果的なセキュリティ対策を紹介している。Webアプリケーションに対する攻撃対策はもちろん、メールセキュリティやデータ保護まで幅広くカバー、利用状況に応じたさまざまなパターンが検討できる。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。