IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

ネットアップ合同会社

技術文書・技術解説

ネットアップ合同会社

400GバイトSSD48台構成で25万6000IOPS達成、オールフラッシュストレージの実力検証

クラウド、仮想化、ビッグデータ、モバイル、ソーシャルメディアなど、ITの進歩は企業が導入するアプリケーションを変えるだけでなく、インフラ、データベース、ミドルウェアにも変化をもたらしている。こうした中、OLTP用のデータベースにはミリ秒未満の応答時間が目標となってきた。

コンテンツ情報
公開日 2015/08/04 フォーマット PDF 種類

技術文書・技術解説

ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 899KB
要約
 ESGの調査によると、IT担当者がインフラ対応で苦労する上位項目に「データの急増」と「データベースサイズの管理」が挙げられている。IT業務のROI改善の方法としてデータベースの統合が進められているが、そこで重要なのがパフォーマンスの向上だ。オールフラッシュストレージはデータベース主体環境のために設計されており、トランザクションI/Oと総スループットの両方を最大限に向上しながら応答時間を短縮する。

 今回の検証では、400GバイトSSD48台のストレージ構成の場合、書き込み処理が大量なOracle DatabaseのOLTPワークロード(ブロックサイズ8Kバイト)を実行した結果、リード応答時間420マイクロ秒、25万6000IOPSという高パフォーマンスを記録。可用性の面では1年当たり31.5秒未満のダウンタイムを記録した。

 本ホワイトペーパーでは、オールフラッシュストレージアレイのOracle Database環境におけるパフォーマンス、信頼性、低レイテンシ、可用性、保守性などについて検証している。3つの着眼点で図表を用いて検証結果をまとめており、今後のストレージ選択におけるオールフラッシュストレージの可能性について、分かりやすく解説している。