IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

NTTコミュニケーションズ株式会社

レポート

NTTコミュニケーションズ株式会社

DR計画で優先すべき5つのポイントと仮想化時代に考えたい「DRaaS」という選択肢

企業が災害復旧(DR)計画を策定する際は優先事項を明確にすることが重要だ。そうしなければ、いざ災害が発生したときに慌てることになるだろう。また仮想化の普及により、Disaster recovery as a service(DRaaS)という選択肢もでてきた。

コンテンツ情報

公開日 2015/07/13 フォーマット PDF 種類 レポート
ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 1.25MB

要約

 大規模の災害やシステム障害によって事業が中断してしまえば、企業イメージに与える影響や金銭面での損失は計り知れない。そのような事態を最小限に抑えるためには、できるだけ速やかに活動を再開しなければならない。そうした情報システムの迅速な復旧・再開で鍵を握るのが、災害復旧(DR)計画の策定である。

 企業がDR計画を策定する際には、何を優先すべきかを明確にすることが重要になる。優先事項が明確になっていれば、いざというときに慌てずに適切な対応をとることができる。また、最近では仮想化が広く浸透してきたことで、ワークロードの復元のためにクラウドプラットフォームを利用することも可能になった。それにより、Disaster recovery as a service(DRaaS)という新たな選択肢も注目を集めている。

 本稿では、災害復旧(DR)計画の策定で検討すべき5つの優先事項と、仮想化時代の災害復旧のポイントを解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。