IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

技術文書

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

オールフラッシュストレージ製品選択で、失敗しない4つのポイントとは?

パフォーマンスに弱点のあるHDDに代わり注目を集めているのが、SDDを採用したオールフラッシュストレージ(AFS)だ。だが、AFSを導入すれば、問題が解決するわけではない。失敗しないAFS製品選択の4つのポイントについて解説していこう。

コンテンツ情報

公開日 2014/12/01 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 1.18MB

要約

 今日、CPUやメモリが飛躍的に性能向上したことで、HDDのパフォーマンスボトルネックが顕在化している。特に仮想化環境ではランダムなI/Oが発生しやすく、動作原理上ランダムアクセスに弱いHDDの弱点がさらに目立つようになった。この問題の解決策として注目されているのが、記録メディアとしてフラッシュメモリ(SSD)を採用した、オールフラッシュストレージ(AFS)だ。

 だが、AFSの採用で全て問題が解決するわけではない。フラッシュメモリには

・データ書き込みは、データ読み出しに比べて長い時間がかかる
・データ更新を行うにはブロック単位での「データ消去」が必要となり、これはさらに長い時間を必要とする
・データ書き込みの回数に上限がある
・HDDに比べて容量単価が大きい

といった課題がある。

 本資料では、上記の課題を踏まえた上で、AFS製品の選択において注目すべき4つのポイントを紹介し、望ましいアプローチがどのようなものなのかを詳しく解説していく。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。