IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Commvault Systems Japan

製品資料

Commvault Systems Japan

「これ1本でデータ管理はOK」統合データ管理ソフトを使う7つのメリット

企業のデータ量増加に伴い、データ管理のコストと運用負荷が大きな課題となっている。本資料では、単一プラットフォームで、バックアップ、アーカイブ、レプリケーションといったデータ管理が一元化できるソフトを解説する。

コンテンツ情報
公開日 2014/09/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 1.79MB
要約
 増え続けるデータ量に伴うデータ管理のコストと運用負荷増加が、企業のIT管理者の頭を悩ませている。データ管理の大きな課題は、用途ごとにバックアップツールが異なっておりTCO削減ができない、複数アプリにまたがるデータの一元管理ができないといった「複雑で効率が悪い」点と、バックアップ時間がかかる、容量増設が間に合わない、全てのデータを保存するためのメディアコストが予算に見合わないなど「データ量の増加」が挙げられる。

 本資料は、上記の悩みを1本で解決する統合データ管理ソフト「Simpana」の7つのメリットを紹介する。バックアップ、アーカイブ、レプリケーション、レポーティング、DRなどのデータ管理を共通プラットフォーム上で行うため、用途に応じて拡張でき、他のソフトウェアを購入する必要がない。一元管理できるため管理の煩雑さも解消できる。また、重複排除機能やハードウェアスナップショットとの連携、バックアップとアーカイブの一元管理などの機能により、運用負荷やコスト削減が行える。資料をダウンロードして、ワールドワイドで2万社に採用されている理由と実力を実感してほしい。