IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

インフォテリア株式会社

レポート

インフォテリア株式会社

“成功するBYOD”を可能にする3つのポイント

BYODはコストを抑えながら生産性を向上させるメリットがあるが、セキュリティのリスクも高い。本資料ではセキュリティを確保し、BYODを成功させるためのポイントを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2014/06/30 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 700KB
要約
 モバイルデバイスの普及により、企業のシステム管理者を悩ませているのが、「BYOD(Bring Your Own Device、個人所有デバイスの業務利用)」だ。情報セキュリティの強化に伴い、BYODを認めない企業がほとんどの一方で、従業員が管理の届かない状況でなし崩し的に私物デバイスを業務に使用している「シャドーIT」といわれる問題も起きている。

 モバイルデバイス、特にタブレットを用いて営業や販売、会議、情報共有などのシーンで業務用のコンテンツを利用する場合に有効なのが、「モバイルコンテンツ管理(MCM)」だ。デバイスをまるごと管理することが現実的でない私物デバイスでは、企業領域だけの管理、中でも法人活用の利用用途はコンテンツの閲覧に集中しているため、MCMの導入が適している。

 本資料では、MCMの有効性と実際の活用事例を紹介し、BYOD実現を成功させる3つのポイントを解説する。BYODの利点の1つはデバイスへの初期投資を抑えながら、デバイス活用による生産性向上を実現できることにある。本資料を参考にして、BYOD活用にぜひ取り組んでほしい。