IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

技術文書

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

アプリケーション仮想化により実現する事業継続/ディザスタリカバリ対策

企業が事業継続/ディザスタリカバリ(BC/DR)対策に求める「運用の簡素化」「復旧時間の短縮」「コスト削減」といった要望は、仮想化により容易に実現できる。vSphereを補完するvCenter Site Recovery Managerは、合理化された管理・自動化機能によりBC/DR対策への総コストを大幅に削減する。

コンテンツ情報

公開日 2014/06/19 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.65MB

要約

 かつての事業継続/ディザスタリカバリ(BC/DR)プログラムは、「コストはかかるものの必要な保険」ととらえられていた。しかし、テクノロジーへの依存度が高い今日、災害はビジネスに大きな打撃を与える可能性がある。このような状況下での企業の経営層のBC/DRへの要望は、運用の簡素化、災害発生時の信頼性の向上 (復旧時間の短縮)、およびコストの削減だ。つまり、計画外のダウンタイムを減らし、ユーザーの作業やサービスを中断することなく自動的に障害から回復できるようにすることだ。

 この要望は、重要なアプリケーションの仮想化により実現できる。本資料では、BC/DRに要求される全てを満たす理想的なソリューションについて解説する。また、仮想化の機能がDRを向上させる仕組み、仮想化されたアプリケーションのBC/DRにおけるメリットについても紹介。仮想化を通じてどのようにビジネスのスピード、コンプライアンス、およびセキュリティを向上させることができるかが理解できる。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。