IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

事例

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

最大250倍の分析スピードアップに見る次世代データウェアハウス基盤の実力

拡大を続ける流通系企業の「武器」はITシステムの活用にあった。企業の急成長を支える次世代データウェアハウスの高速処理を可能にした基盤とは。

コンテンツ情報

公開日 2014/06/17 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.77MB

要約

 郊外型総合販売店を中心に、海外にも店舗を展開、急成長を続ける流通系企業のトライアルカンパニー。2012年2月で142店舗を構える同社は、2017年には800店舗にまで拡大を図る計画だ。同社の急成長を支える武器はITシステムの積極的な活用だ。同社ではデータウェアハウス(DWH)や、BIアプリなどを積極的に導入し、商品、貿易、物流といった流通オペレーションを支援する機能については、すべて自社でアプリケーションを開発しているのが特長だ。

 当初はDWHとして既存のRDBMSを採用していたが、企業の成長に伴うデータ量の増大で、分析時のレスポンスが低下。これを踏まえて同社では、さらに高度な分析処理も可能な次世代DWHシステムの構築を決断する。本資料では、同社の次世代データベース構築の製品選択から導入、その効果までを紹介。分析スピードが最大250倍に高速化したデータベースと、その高速処理を可能にした製品について詳しく解説していく。今後はeコマース系の分析プラットフォーム構築に意欲を見せる同社の取り組みを見ていこう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。