IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

Javaの脆弱性悪用が10倍に? 2013年上半期の国内セキュリティ動向

国内企業が直面しているセキュリティの脅威とは何か。今取るべき対策は。IBMがまとめた2013年上半期のセキュリティリポートが、こうした疑問を解き明かす。

コンテンツ情報
公開日 2014/05/20 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 42ページ ファイルサイズ 4.72MB
要約
 改ざんされたWebサイトからマルウェア感染サーバへ誘導する「ドライブバイダウンロード攻撃」が2012年下半期から4.2倍に急増。Java Runtime Environment(JRE)の脆弱性を悪用した攻撃件数も増加して10.4倍に――。これらは、IBMがまとめたセキュリティ動向リポートである「2013年上半期Tokyo SOC情報分析レポート」の結果だ。情報システムを取り巻く脅威は確実に増加していることが分かる。

 本リポートは、IBMが世界10拠点に持つ「セキュリティ・オペレーション・センター」が収集した情報を基に、主に国内の脅威動向をまとめた。具体的には、公開サーバを狙った攻撃とクライアントPCを狙った攻撃に分けて、2013年上半期に頻繁に発生した主な攻撃の状況を解説。加えて、インシデント発生時の迅速な対処法についても、ログの活用方法を中心に説明している。最新の脅威に備えるための指針となるだろう。