IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

デスクトップ・クラウドでシステムを刷新、iPod touchを看護師1人1台配布して業務効率化を実現した高知大学医学部附属病院

高知大学医学部附属病院は、デスクトップ・クラウド導入で端末のパフォーマンス向上とセキュリティ強化、運用負荷を軽減を、iPod touchとモバイル端末管理サービスで看護業務の効率化を実現した。同病院の取り組みを詳しく見ていこう。

コンテンツ情報
公開日 2014/03/27 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 966KB
要約
 電子カルテ導入などIT化を推進してきた高知大学医学部附属病院では、IT環境に関していくつかの課題を抱えていた。従来のシステムではパフォーマンス上の問題がある上、850台のPC端末の運用負荷が増大。また、看護業務専用PHS端末が高価なため、看護師間で共有するなど不便で保守費用も大きかった。加えてUSBを媒介としたウイルス感染の懸念も高まっていた。

 同病院では上記課題解決のため、IBMデスクトップ・クラウドの導入を決定。サーバを仮想化、病院内のアプリケーションとデータを統合し、端末側には仮想デスクトップ環境を提供。これを機に端末を刷新、シンクライアント端末600台、PC360台、iPad50台を導入した。あわせて、看護師用の専用PHS端末をiPod touchに変更、管理にはセキュリティ機能が豊富なIBMのモバイル端末管理サービスを採用。これにより、600人の看護師に1人1台のiPod touchを配布、利便性向上と保守コストの削減を実現した。

 本資料では、同病院のデスクトップ・クラウド導入までの経緯や具体的な導入効果を、構築概要図、関係者のインタビューなどを交えながら解説。さらに高品質な医療の提供に向け、ITに期待する役割と展望も紹介する。