IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

日本テラデータ株式会社

技術文書

日本テラデータ株式会社

ビッグデータは死語に? 3つの分析プラットフォームを適材適所に配置し実現する、あらゆるデータの統合活用

ビッグデータは特別なものではない。普段使いのデータとして構造化データと併せて活用できる環境が求められる。データ量の増大、データ構造の多様性、活用する人材といった、企業がデータを分析するうえで抱える課題を克服できる、分析アーキテクチャのあるべき姿を示す。

コンテンツ情報

公開日 2013/11/22 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 572KB

要約

 企業は、これまで活用されずにきた多構造化データの収集、蓄積、分析を行うことで、非常に大きなビジネス機会を発見できる時代に直面している。しかし、従来データベース上に蓄積されていた構造化データに加えて、ブログ、ソーシャルメディア、文書、画像、電子メール、音声、マシン生成データ、その他多くの多構造化データを分析し、価値を生み出すのは、大きな挑戦であることも確かだ。

 データウェアハウスはこのような分析を実現するアーキテクチャの主要な構成要素であり続ける。一方で、特定種類のデータや分析処理に関しては、それに適した他のテクノロジーの採用が解決策になり得る。データウェアハウジング、探索的なデータ分析、データの加工処理に適したテクノロジーを適材適所で配置し、それらを透過的に統合することにより、拡張性が高く、柔軟でコスト効果の高い分析アーキテクチャを実現できる。

 このホワイトペーパーでは、「全てのデータを統合し、そこから価値を引き出す」というビッグデータ活用の大命題に着目し、それを解決するための考え方とアーキテクチャの要件を示す。また、大手銀行、通信サービスプロバイダーにおける予測分析や活用事例も紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。