IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本電気株式会社

技術文書

日本電気株式会社

徹底検証! CLUSTERPRO XによるVMware vSphere 5仮想化環境の可用性向上

CLUSTERPRO XによるVMware vSphere 5仮想化環境の可用性向上について徹底検証した技術者向けホワイトペーパー。「vSphere HA」環境へ「CLUSTERPRO X」を追加導入することで、障害発生時のダウンタイムをどれだけ短縮できるのか等を紹介。

コンテンツ情報
公開日 2013/08/29 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 612KB
要約
 仮想化環境の導入によりサーバが集中化した環境では、万が一の障害でサーバがダウンした場合、仮想マシン上の全ての業務は停止してしまうため、仮想化環境における可用性の向上は、業務の継続性を保つ上で重要な要素になる。

 VMware vSphere 5にはVMware HA、VMware FTといった可用性機能が存在するものの、監視対象が限定されており、例えば仮想マシン上の業務アプリケーションの障害には対応できない。

 そこで本稿では、VMware vSphere環境にクラスタリングソフトウェアCLUSTERPRO X及び、シングルサーバの可用性向上ソフトウェアCLUSTERPRO X Single Server Safe (以降SSS)を導入することでさらなる高可用性を実現する方法について検証する。

 VMware HAを基本構成とし、その各レイヤ(管理用OS、ゲストOS)にCLUSTERPROを導入する。VMware HA基本構成とCLUSTERPRO導入構成を可用性観点で比較検証を行い、CLUSERPRO導入による具体的なメリットについて述べる。