IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

日本ヒューレット・パッカード株式会社

比較資料

日本ヒューレット・パッカード株式会社

主要ストレージの比較で分かったストレージ仮想化の最適解

米HPが実施した、シンプロビジョニング採用ストレージ製品の比較資料。仮想環境、クラウド環境における最適なストレージを選ぶ際の一助として役立ててほしい資料だ。

コンテンツ情報

公開日 2013/01/21 フォーマット PDF 種類 比較資料
ページ数・視聴時間 28ページ ファイルサイズ 940KB

要約

 ストレージはデータセンター内における大きなコストが掛かるコンポーネントの1つになった。ストレージの価格は低下し続けてはいるが、データの増加率は多くの組織で引き続き著しく上昇し、結果としてストレージシステムの管理コストが増加している。

 そのような状況化で、ストレージのスペース使用率の最適化を達成する技術として注目を集めているのがストレージの仮想化であり、ストレージベンダー各社はシンプロビジョニングを含む「シンテクノロジー」の実装を進めている。しかし、パフォーマンスへの影響を最小限にしつつ、スペースを最適化する機能に関するシンプロビジョンの実装方法は、ストレージベンダーによって異なっている。

 そこで米HPでは、自社ストレージ製品「HP 3PAR StoreServ」と、EMC、NetApp、日立、IBM、Dellといった主要な競合製品との比較検証を実施した。仮想環境、クラウド環境のデータ保護を考える上でストレージに求められる要件を網羅的に整理できるだけでなく、ベンダーのシンテクノロジーソリューションの実装に関してさらに理解を深めたい技術的専門家にとっても有益な資料となっている。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。