IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

日本テラデータ株式会社

技術文書

日本テラデータ株式会社

ビッグデータの価値を最大化する「適材適所」の分析技術適用、総まとめ

ビッグデータの潮流の中で、さまざまな分析手法や技術が注目を集めている。果たしてそれらの特徴や向き不向きをきちんと理解して、活用できている企業がどれだけあるだろうか? ビッグデータ対応分析技術の適材適所の活用方法を示す。

コンテンツ情報

公開日 2013/01/15 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 1.51MB

要約

 「ビッグデータ」という言葉が頻繁に使われるようになり、データ分析の重要性を認識する企業は激増した。しかし、既存のIT要員や分析担当者の分析スキルを最大限活用しながら、ビッグデータがもたらす価値を最大化させる方法を十分に認識している企業はまだ少ないようだ。理想的なビッグデータ活用ソリューションは、ただRDBMSをHadoopに置き換えるような安易な手法では構築できない。

 このホワイトペーパーは、扱うデータに応じたプラットフォーム、分析技術、分析手法の使い分け方を解説することにより、適切なビッグデータ分析ソリューションの選択方法を示す技術文書である。異なるデータ形式(構造化/半構造化/非構造化)に対するプラットフォームや、HDFSとRDBMS、MapReduceとSQLといった技術、そして数値集計、パス・グラフ分析、統計処理・データマイニングなどの分析手法を、「適材適所」で使い分けるとはどういうことか。既にHadoopなどでビッグデータ環境を構築している、もしくは具体的な検討に着手しており、あるべき情報分析システムの在り方を模索しているIT部門の担当者にぜひ読んでほしい文書だ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。