IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

日本アイ・ビー・エム株式会社

事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

「ジャパネットたかた」が選んだ、バックアップ処理時間を6分の1に短縮するストレージとは?

急成長するビジネスにシステムの処理性能が追い付かない状況だった「ジャパネットたかた」。同社はストレージ基盤を刷新することで、バックアップ処理とデータアクセスの高速化するなどを実現した。

コンテンツ情報

公開日 2012/11/27 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.36MB

要約

 家電製品やスポーツ用品、生活雑貨など多様な商品を取り扱う「ジャパネットたかた」。同社は生放送でのテレビショッピングを開始した2001年から10年間で売上高を3倍以上に伸ばし、会員数も大幅に増加してきた。一方、システムが処理するデータ量も年率15%の割合で伸び続け、システムへの負荷が増大していた。

 特に課題があったのは、基幹系システムのバックアップ。スナップショットの作成やバックアップデータの保存が大きな負担となっていた。さらに、売り上げの増加に伴いトランザクションが増加したことで、情報系システムの処理性能の低下も見られていた。同社は、データ処理能力の拡大と業務効率の向上を目指し、新たなストレージ基盤を採用。その結果、これまで夜間のバックアップ処理を3時間から30分まで短縮し、情報系システムのデータアクセス速度を約10倍まで向上させた。

 本稿では、ジャパネットたかたが実施したストレージ環境の改善策とその効果を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。